• 投稿日
  • 更新日
  • 著者 sysmanager
  • カテゴリー ブログ
  • カテゴリー 事例紹介

週休3日で働く株式会社週休3日の正社員が、リデザインワークを読み
具体的に働き方や職場環境について提案を行いました。
今回はその提案を通して変わったことをBLOGで公開します。

直接業務に関わること

  1. 月に1回第3金曜日に定例ミーティング
  2. 15:00-15:20までの20分間が休憩に追加されました!(試験運用中です)

月1のミーティング

実は今まで定例の会議がありませんでしたが、月に1回定例ミーティングをすることにしました。
意見交換し、毎週ではなく月1回くらいがちょうど良いとなりました。

その月の進捗、仕事上での悩みを話し合い、社員同士で共有します。

月に1回振り返ることによって達成感を感じることもできますし、
自分の仕事を振り返るための機会を作ることができると考えました。

ミーティングを通し、より仕事への態度を積極的にしていきたいです。

15:00-15:20の休憩の追加(試験運用中です)

フルタイム勤務をしていると15:00くらいにどうしても集中力が切れてしまいます。
以前から集中力が切れると散歩に出かけたり、小腹を満たしたりなど
休憩をとっていたのですが時間を決め、休憩と仕事のメリハリをつけて
仕事に取り組んだ方が集中できるという考えから、休憩時間を設定しました。
20分というちょっと長めが嬉しいです。

職場環境について

ウォーターサーバーの導入

会社のオフィスにパパッと飲めるおいしいお水があるといいよねと
社員同士で話していました。以前まで飲み物はコンビニなどで購入していたのですが、
ウォーターサーバーを導入することで常に冷たいお水が飲めるのが嬉しいです!
ティーパックを持って来ればお茶も飲めちゃいますね!

導入されなかったこと

バースデー休暇

導入されなかった理由はすでに週休3日なので年間の休日が多くなりすぎてしまうためです。
ただ、週休3日のなかで平日のおやすみ移動は自由です。
その日に合わせてお休みを取ることが可能なので不要という結論になりました。
有給休暇を使ってバースデー休暇を取ってもいいですね。

最後に

働き方についての提案があってもなかなか言い出すタイミングがなく
結果的に我慢してしまっている現状が一般的なのではないでしょうか。

今回のように社員の意見をアピールする機会があると一気に働きやすくなりますよね。
具体的な意見が反映されなかったとしても、経営側と社員の間で意見を共有することで、お互いが働きやすくなるよう擦り合わせることができ、より働きやすい労働環境作りにつながっていくのではないかなと思います。

社員の労働環境は仕事の生産性に大きく影響を及ぼします。
皆さんも改めて働き方の意識を確認し合ってみてはどうでしょうか?