週休3日正社員で、目標を諦めない働き方を

本日はこの四月から株式会社週休3日に「週休3日制正社員」として入社した山田優衣さんをご紹介いたします。山田さんは、なでしこリーグ2部の静岡SSUボニータに所属する現役サッカー選手です。株式会社週休3日を選んだ理由、練習と仕事の両立やこれからの目標について伺いました。

INTERVIEW:山田 優衣(やまだ ゆい)さん

 株式会社週休3日に営業職として2022年4月に入社。なでしこリーグ2部の静岡SSUボニータに所属する現役サッカー選手。ポジションはディフェンダー。

・自己紹介と所属チームについて教えてください。

山田優衣です。鹿児島県出身で、2016年からなでしこリーグ2部の静岡SSUボニータに所属しています。静岡SSUボニータでは、ディフェンダーをしています。ナデシコリーグの上位リーグには、プロサッカーリーグ「WEリーグ」がありますが、今は2024年までにWEリーグに入ることを目指して日々練習しています。平日は、16:30〜18:30に練習があり、土日は試合をすることが多いです。

・株式会社週休3日とはどのように出会ったのでしょうか

これまでは、別の企業で事務として働いていました。じつは、去年までサッカーを辞めて、鹿児島に帰ろうかと思っていました。これまでサッカーをしてきて、周りに甘えることも多かったと感じていて、そろそろ好きなことだけじゃなく、社会人として自立して親孝行もしていかないと……と。けれど、チームメイトや関係者、家族とも話し合って、「やっぱりサッカーを続けたい」と思いました。そんな時に、チーム関係者から株式会社週休3日を紹介されました。

すでに勤めていた職場は退職手続きを始めていたため、サッカーを続けながら働ける環境の「週休3日正社員」はとても魅力的でした。

それに、営業という職種にも興味を惹かれました。もともと人と話すことが好きなので、周りから「営業に向いてるんじゃない」と言われていました。けれど、これまではサッカーができる環境が最優先で、仕事のスキルアップは諦めていて……。これは自分の頑張り次第で可能性を広げられるチャンスだと思いました。

・これから週休3日でがんばりたいことはなんでしょうか

営業は初めてなので、分からないことばかりですが、早く自分なりの作戦をみつけて、自立していきたいです。営業という仕事は、この先もしサッカーを辞めても活かせるスキルですし、色んな人とかかわって、会社にも貢献してサッカーでも活躍していきたいです。

[インタビュアーコメント]

山田さんは、5歳からサッカーを始められて、今は2024年にプロリーグに入ることを目指して、チーム一丸となり日々練習に励んでいるそうです。一度は手放そうとしたサッカーをこれからも大事にして、週休3日正社員として働きながら、サッカーも仕事もチャレンジしていく姿勢を応援しています。

▽株式会社週休3日のホームページでは、山田さんのブログも掲載中です。

関連記事

TOP