週休3日制への想い – 株式会社週休3日

「もう1日休みたい」から「もう1日働いてもいいかも」へ

  • HOME
  • 週休3日制への想い

介護付き有料老人ホームの施設長を8年努めさせていただきました。

人材不足に困った挙句、苦肉の策で「週休3日正社員制」を選ぶことができるようにしたところ、定着率が驚くほど向上しました。
定着率の向上が介護の質に繋がり、私自身の死生観が納得できる環境で、多くの方を看取らせていただくことができました。一緒に働いてくれた皆さん、週休3日正社員を理解いただいた経営者、ご家族様、そしてご入居者様に心の底から感謝です。

週休3日正社員はこう口にしながら、前向きに介護に取り組んでくれました。

「もう1日働いてもいいかも。でもこれくらいにしておく。」

週休3日正社員だって、立派な働き方の選択肢。女性だって男性だって年齢に関わらず選択していい働き方。

週休3日正社員は、週に「+1日」大切な時間が生まれる魔法のような働き方なんです。「+1日」の時間なんてネットでも売っていません笑。

+1日で生き方が変わります。子供やサポートを必要とする家族との時間を増やしたり(子育て・介護)。生きがいである趣味やボランティアの時間を増やしたり。大切なことに丁寧に時間を使える生き方ができるようになります。

+1日で仕事への意欲が変わります。「もう1日休みたい」から「もう1日働いてもいいかも」へ。仕事に対するモチベーションが向上することは、あなたはもちろん、他の誰かも幸せにするはずです。

私どものゴールは「皆様がぴったりの働き方・職場に出会うこと」ですが、転職や就職をお手伝いを通して、皆様と一緒に日本の働き方を変えていければ最高だなと考えています。

皆様が「自分にぴったりの働き方で働く」だけで、世界は変わります。

さあ、一緒に世界を変えていきましょう。

働き方改革の決定打「週休3日ソリューション


代表取締役 永井宏明
印刷・広告代理店営業、WEBコンサル、総務人事を経て、ご縁があり介護付有料老人ホーム施設長を8年務めさせていただく。特に医療介護福祉が得意な、採用人事のプロフェッショナルです。
子供4人の共働き。育児パパLv36、最後の敵を倒しに行ってもいいレベル。
ギャップがありますが笑、演劇を20年以上続けています。